ヘアケアーの基本

 
 
Haircare

ヘアケアーの基本☆

髪の毛にはヘアサイクルというものがあります。ヘアサイクルは大きくわけて毛包で髪がどんどん作られて伸びる成長期成長が止まる「移行期」いつ抜けてもいい状態の「休止期」とあります。

成長期

毛母と毛乳頭がくっついて細胞分裂をくり返して毛幹を押し上げていきます。新しい細胞に押し上げられて髪がぐんぐん伸びていく時期。一日に約0.2〜0.5mmの速度といわれています。髪全体の85%〜95%を占めています。髪工場がフル稼働中です。毛根が角化し毛母と毛乳頭が離れて細胞を作らない時期。髪全体の1〜2%を占めています。髪工場がお昼休みという感じですね。

休止期

成長期、移行期の機能が停止し、脱毛する時期。脱毛すると、すぐに成長期に入り、毛母が大きくなり産毛が出てきます。髪全体の10%を占めています。髪工場の休暇という感じでしょうか。これがヘアサイクルといって髪の女性が4〜7年が平均です。一本ずつのサイクルが違っているので髪の量が保たれているのです。また、一日に抜ける本数は50〜100本と言われていますが、ヘアサイクルが正常であれば髪が減る事はありません。働いている人が定年退職しても新入社員が入るので工場は稼動するという感じです。そこで気になり始めたら育毛剤をつけ「休止期」を短くする様に意識しましょう。

シャンプーの基本

残念なことに、多くの人が髪の毛の洗い方をきちんと理解していないようです。実はシャンプーをつける前に 髪の毛をすすいで流す事で髪の汚れの約80%が落ちているのです。
爪を立てず指の腹でしたから上に揉み上げるように洗います。爪を立ててごしごし洗うような方法は絶対に避けましょう!!かえって頭皮が傷つき、かゆみや湿疹、ふけの原因になってしまいます。ではシャンプーの仕方についてご紹介します。

シャンプー

1.髪や頭皮をよくぬらし、数回流します。予備洗いだけで水に溶けるような汚れは大半が落ちてしまいます。ですから、シャンプーの多量な使用も必要なくなります。その後に一度洗い流します。

2.てっぺんにドッとかけるのではなく、生え際から少しづつつけていきます。出来ればお湯で薄めて使ってください。それでも十分泡立ちますので。良質なシャンプーの場合は薄める必要はありません。髪そのものは軽く洗うだけで十分です。毛穴から汚れを押し出すような気持で頭皮をもんで下さい。こすったりかきむしると脱毛しますので爪を立てず指先のひらを使います。一度シャンプーを軽く流してもう一度洗います。

3..2回目はシャンプーの量を半分くらいにします。あまり時間をかけすぎない様にして下さい。フケの多い方は、ジンクピリチオンなどが配合されたシャンプーを使用してもかまいませんが、すすぎだけは十分にしましょう。毎日洗う場合はフケ取りシャンプーは1日おきぐらいにしましょう。

洗い流し

丹念に洗い流しましょう。シャワーの場合は、髪の根元から毛先に流れる様にするのがコツです。すすぎ過ぎるくらいの気持ちがちょうどいいでしょう。すすぎが足りないとフケやかぶれの原因にもなることがありますので念入りに。顔の周りにあるシャンプーは流し忘れる事が多いのでしっかり洗い流しましょう。肌荒れの原因にもなりますよ。

リンス

良質のシャンプーを使っている場合は、リンスが不要なこともあります。弱酸性シャンプーの場合などは特に必要ありません。石けんシャンプーの場合食酢(クエン酸)を洗面器1杯のお湯に対し盃1杯ほど入れ、髪を泳がせる様にリンスします。リンス代わりに傷みが強い場合コンディショナートリートメント、ヘアパック等おすすめします。特にリンスはシャンプー以上によくすすいでください。すすぐ必要のない良質のトリートメントもあります。これはあくまで参考なのでボトルの使用上の注意を読みましょう。

ドライ

タオルドライの場合こすらず、髪をはさんで、叩く様に水気を取ります。 タオルで擦る様にすると、キューティクルが傷ついたり、枝毛や切れ毛の原因になることもあります。 ドライヤー乾燥の場合80%を乾かす程度に残りは自然乾燥します。ドライヤーは一カ所に長時間当てない様にドライヤー自体を揺する様にするのも、 テクニックの一つ☆

おすすめWEBサイト 5選

東京で貸倉庫を探す
http://tokyo-fact.com/
貸倉庫 埼玉
http://saitama-fact.com/

Last update:2016/3/16

 


Copyright(C)2008 Venus. All Rights Reserved.